東北の消防設備は株式会社東北消防設備へお任せ下さい。

株式会社東北消防設備
お問い合わせTEL.023-622-6543
メールによるお問い合わせはこちら
個人のお客様へ

住宅用火災警報器について

消防法が改正され、全国一律に住宅用火災警報器を設置し、維持することが義務付けられました。

  • 住宅用火災警報器って何?
    • 火災により発生する煙や熱を自動的に感知し、警報ブザーによりいち早く知らせ、住宅内にいる人に対し、避難を促す器具です。
       
  • なぜ必要なの?kasai01.jpg
    • キーワードは「早く知る!」です。近年、住宅火災によって亡くなられる人の数は増加傾向です。中でも、高齢者の割合が増えてきています。さらに、約70%の人が、就寝中で「逃げ遅れた」ことによって命を落とされています。このような状況から、火災の発生を早く知り、逃げ遅れを無すことが目的です。
       
  • いつから?
    • すでに、平成23年6月1日より全ての住宅で適用となっております。
       
  • どこに取り付けるの?
    • 寝室、階段などの天井面または壁面に設置します。

kasai02.jpg

  • どんな種類があるの?
    • 電源を区別すると「電池式」と「交流電源式」とがあり、感知種別では「煙感知式」と「熱感知式」があります。なお、品質を保証するものには、日本消防検査協会の検査(鑑定)に合格したNSマークが貼ってあります。
       
  • どの種類を設置するといいの?
    • これから建てられる住宅では交流電源式、すでにある住宅では電池式が適しています。ただし、台所が狭いなどの理由から調理時に煙または蒸気が滞留する場合は、熱感知式をおすすめします。
       
  • 罰則はあるの?
    • 罰則は特にありませんが、損害保険会社では住宅用火災警報器割引などを適用しているところもあるようです。
       
  • 住宅用火災警報器を設置していないと火災保険がおりないの?
    • 設置していないからと言って火災保険が出なかった事例は今のところありません。義務化にかこつけて、無理やり買わせようとする悪徳業者もありますので、十分ご注意下さい。
kasai03.jpg kasai04.jpg kasai05.jpg kasai06.jpg

関連リンク

(c)2012 Tohoku Fire Defense Equipment Company Limited. All Rights Reserved.